【泊まる場所】オアフ島:タイムシェア

今回はヒルトン・グランド・バケーションズが販売するタイムシェアについてご紹介します。

ヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェアとは

日本で「タイムシェア」とはあまり聞かない言葉です。

僕は「リゾートマンションのポイント制会員権」と思っています。

具体的な内容は、購入後年間管理費を毎年支払うことによって購入した部屋のタイプに応じたヒルトングループのタイムシェアやホテルなどを利用できるポイント(権利)を与えられます。

タイムシェアの販売方法が特殊なため賛否両論はありますが僕は2009年に同サービスの「グランド・ワイキキアン」を購入しましたが良かったと思っています。

リゾートマンションなどを所有または利用する際に、その期間の経費だけを負担するシステム。別名「バケーション・オーナーシップ」とも呼ばれる。*Wikipediaより

ヒルトン・グランド・バケーションズ ホームぺージ

https://club.hiltongrandvacations.com/ja/

利用について

購入した部屋のタイプを1年間で最大7日間利用できます。

また今年は購入した部屋のタイプを利用するのではなく国内のヒルトングループホテルを利用したいときはホテルポイントに切り替え利用できます。私の場合、子供の受験の年は海外旅行を控え国内旅行で活用していました(ヒルトン大阪を利用しUSJに行っていました)。

グランド・ワイキキアンについて

オアフ島のヒルトンハワイアンビレッジ内にあります。ヒルトンハワイアンビレッジはビーチフロントで敷地内の広さは9万㎡、ラグーン、プール、ショップ、レストランなど90以上ある巨大な宿泊施設です。

ワイキキ中心街の人混みを探索する旅行も楽しそうでしたが購入当初はまだ子供も小さくビレッジ内で一通りのことができる環境を気に入りここを購入しました(ビレッジ内にはいつも子供連れのご家族が多いです)。

室内について

僕が購入した間取りは約60㎡の1LDKです。内装は高級感がありキッチン、シャワー、バス、サニタリールーム、洗濯機、乾燥機が完備されているため単に「ハワイの旅行」を楽しむだけの空間ではなく「ハワイで暮らす」ことを体験できる空間でもあります。

例えば僕の活用方法ですと、僕がハワイに到着した日はまず大型スーパー「ドンキホーテ」へ買い出しに行きます(徒歩約18分)。事前に日本より1週間分のインスタントご飯やみそ汁を持参しているためそこで購入するものはビーフ、ポキ、ビール、ワイン、野菜、果物など、朝晩の食事は「ハワイで暮らす」ことを楽しむために室内で済ませるようにしています。

ラウンジについて

タイムシェアのチェックインを済ませた後入室迄の間を快適に過ごすためのラウンジがあります。ここにはシャワールーム、無料ソフトドリンク(コーヒー、ジュース)、キッズルームなどがあり到着初日は機内であまり眠れず疲れがたまっていますがここを1、2時間程度使えると体がとても楽になり初日からアクティブにバケーションを楽しむことができます。

感想

僕は仕事で海外に2、3週間行くことが多くなりましたが家族で行けるとなると長くても1週間程度、そんな短い期間の中でも「ハワイ旅行を体験する」と「ハワイ暮らしを体験する」では家族の体験価値が違うと思います。

今後もタイムシェアを活用しながら家族にも異文化交流を深めていただきお互いにとって良き1週間を過ごせたら良いなと思っています。では

>働きながら旅をする、自由なライフスタイルを生きるための情報マガジン「NOMAD CRUISER」

働きながら旅をする、自由なライフスタイルを生きるための情報マガジン「NOMAD CRUISER」

働きながら旅をする、自由なライフスタイルを生きるための情報マガジン「NOMAD CRUISER(ノマドクルーザー)」デジタルノマドになる為のノウハウや、ノマドワークの求人情報、世界のノマドワークに適している国や地域、ワークスペースやカフェ情報をお届けします。